スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
記憶にない
帝王切開で子供を産んだときのこと……。
(グロイかも……。イヤな方は読まないでね。)


帝王切開のとき、私は部分麻酔での手術だったので、手術中、眠ることなく手術の流れが分かった。
しかも麻酔が今回はとってもよくきいたらしく、痛みはもちろん、皮膚を引っ張られた感覚みたいのも全くなく快適だった♪


手術開始から30分もたっていないのに腹の中にいた赤子は顔を出したらしい。
「うまれましたよ〜」
って言われて、赤ちゃんと対面して写真を一枚とったあと、私は鎮静剤を点滴から注入されて、眠らされた……。


その後、私は病室のベッドの上で目を開けると旦那が横に座っていた。
子供が少し小さく生まれたため、うちから程近いほかの病院に運ばれたことなどを旦那から告げられた。
まあ元気なようなので安心したところ、旦那も用事があるため一旦、病院を出ると私に告げて去った。



それからは麻酔が効いていたので動かない両足をもどかしく思いつつ、ぼーっと過ごした………。



数日後。
旦那にカメラを渡され、子供が生まれたときの写真をみていた。
手術室で撮った写真(うちの産んだ病院は帝王切開でも出産後、旦那は手術室に入って写真をとったり出来るのです)のあとに見覚えのない写真。
手術室で娘と一枚だけ写真を撮ってもらったけど、何枚か娘との写真がある。
私は笑ってうまれたての娘と写る写真。
旦那に
「コレ、手術室で撮ったんじゃないよね?」

って聞いたら

「何言ってんの?病室に戻ってきて看護婦さんが娘を病室に連れて来てくれて撮ったんじゃん。
ずーっと娘に対して、『あんたこっち向きなさいよ。お母さんが嫌いなの?』っていってたの、覚えてないの?」

って。
えええ?!
そんな記憶ないよぅ。

どうやら私、病院の人たちが娘の転院先を探してくれてる間、看護婦さんが病室にくるたびに「転院先は決まりましたか?」
としつこくきき、あげくは
「お願いです……○○病院(←一年前、悪夢を体験したとある病院)だけはやめてください……。」
と言い寄っていたらしい……。


全く記憶にない!
薬で眠らされて、旦那が病院を去るまでの記憶、ないよ私。
なんだか酔っ払いみたいだ………。


あとから看護婦さんには謝っておいたけど、自分がまさか病院であんな体験をするとは。
よっぽどあの例の病院がイヤだったんだなと思いつつ、記憶のない自分の行動ってやっぱりハズカシイ……。
無意識ってこわいねぇ……。
妊婦生活・改 11:49 comments(2)
自分の子
なんかここのところ、ブログに書いてることが暗いね……。
まあそんな暗い毎日を過ごしているわけじゃないのですがね………。



実は先日、子供が生まれました。
ちょいと予定より早く、かつ小さく生まれたので、今まだ子供は入院してるんですがね………。
保育器からはすでに脱したのですが、毎日乳を搾り病院に届けてるのです。


生まれたときは、小さな子なもので不安で生まれたことをブログに書くことすらためらわれたのだけど、あの子もがんばって成長しているので、別に隠すもんでもないし、(まあただ書くのをためらっていただけで隠していたわけでもないんだけど……)こんなおかしなタイミングではあるけどここに書かせていただくことにしました。


先々の不安は多々あれど、無事生まれたことに感謝。

昔、ある人が自分の子についてアツク語っていて
(多分、当時独身だった私に結婚と子供のいる生活の素晴らしさを伝えたかったんでしょう……。)


「自分の子供が特別なのは、別に血がつながってるからとか、顔が自分に似てるからとか、そんなことじゃないんだよ。ただ、自分の子はかわいいってただそれだけなんだよ。」


……と言っていて、当時の私は全く意味がわからなかったのだけど今なら分かるなぁ。
私は帝王切開の出産だし、腹を痛めて産んだ子はかわいい、とかいうのとも違う。
ただただかわいい。
自分の子は。
正直、自分にも旦那にも似ているようには見えない。
生まれたてのときなんてしわしわ顔のおじいさんみたいだったし、ヘンな顔もいっぱいするし、だれもがみても「かわいい!」ってかんじじゃないと思う。


それでも私たちにとってはかけがえのない子で。
あきらかに隣にいる子よりなんかかわいい。
(多分隣の子のほうがふっくらムチムチで世の人はこっちの子のがかわいいっていうんだろうな。)
なんでしょうね、コレ。


まあそんなかんじです。
妊婦生活・改 19:59 comments(4)
仕事のこととか
最近、ちょっとしたきっかけによりこれからのお仕事のことを考える。


いざ自分に子供が宿ってみると、仕事はしばらくしないで子供と向き合うのも悪くないな、と思いはじめていたのだけど。
でも旦那の収入だけで子供が将来のために蓄えたりできるのかな、なんて考えると、子供には悪いけどある程度になったら働いた方がよいのかな、なんて思ったり。


生まれてどれくらいしたら働きはじめられるかな。
ちょっとやりたいと考えていたお仕事があるのだけど、いつかは違うお仕事もやってみたい願望が………。
夜勤とかも………なんて思うけど、そんなに体が丈夫ではないし、家庭を持つ中、ちょっとムリかな、とか。


今考えてる大きな悩みはもちろん赤ちゃんのことで。
仕事なんてもっと先に考えればいいことなんだけどさ。
でもふと考えてしまったのでブログに残しておきます………。
妊婦生活・改 22:56 comments(0)
妊婦ぐっず振り返る
妊婦になって揃えたものが結構あったけど、買い物に失敗してしまったものも。
いちお書いてみる


下向き失敗妊婦グッズ

1 レギンス
安いのを買ったんだけど、お腹が大きくなるとキツイ………。


2 マタニティ用のジーパン
臨月まではけるというやつを買ったんだけど、すでにもう暑くて履いてない汗


3 マタニティ運動用DVD
真夏は暑いから家の中で運動できるように買ったけど、暑すぎてとてもできない汗
もったいないなぁ。


逆に買ってよかったの………上向きぴかぴか
こっちのがいろいろあるカモ。


1 無印レギンス
綿素材で履きやすい。
今でもゆとりを持ってはける。
はじめからこれを買えばよかった。


2 ニベアのクリーム
妊娠線予防はコレ。
高いクリームでもできるひとはできるらしいし、これで十分かと。
いまんとこできてません。
これから万が一できてもニベアのせいではないはず(笑)


3 抱きまくら
なくてもよいかと思いきや、腹がでくなるとあったほうが寝やすい。
ただ、マタニティ用の高いやつじゃなくてもニトリとか安いのでもよかったかな、とは思う。


4 母子手帳ケース
整理整頓がヘタクソなので買ってよかった。
大切な書類とかキチンと管理できるひとはいらないよね。


5 メンズの短パン
激安ショップで399円とかの。
部屋着に重宝(笑)


マタニティ用品だけでもこんないろいろあるから、ベビーグッズとかもっといろいろ失敗とかあるんだろうな。
妊婦生活・改 09:22 comments(2)
せっか血
私は基本、のんびり屋でたいていギリギリにならないと動かないのだけど、初めてのこととなるとせっかちになるらしい………。
 
 
多分、ギリギリにならないと動かないのは母親の血で。
せっかちなのは父親の血。
うちの父親は私の知る人の中でかなりせっかちで多分せっかちナンバーワン。
ある日実家に行ったら、3時半くらいなのにもう布団を敷いていた父………。
押し入れに布団がいる時間が短すぎだ。
 
 
母親学級とかで会う妊婦さんはたいてい臨月ギリギリまで赤ちゃんグッズとかは揃えていなかったようなのだけど、私は七ヶ月から揃えはじめた。
まあ6月は梅雨で動くの大変だし、7月は暑くて外に出るのやだなーというのが理由だったので夏場の出産じゃなければこんなに早く揃えなかったのだろうけど。
結果、最近はいろいろあってあまり人と会ったりする気がなくなってしまい、外出もあんまりしたくないかんじなので、早めに揃えてよかったかも、と密かに思った。
 
 
更には心配性な私は、この先どうなるかわかんないし、早めに準備しとこうと思ったので赤ちゃんの衣類の水通しも今日やってしまった。
入院予定日よりは一ヶ月ちょっと早いんだけどさ158725.gif
 
 



110708_131759_ed.jpg


干してある小さい服の列をみるとなんだか和むな。
この小さい服を着る人は元気に生まれてくるといいな。
ここのところ、不安やら何やらで情緒不安定になっていたのだけど、ただそれだけが今の願いだ。



妊婦生活・改 13:41 comments(0)
ちょっと悩む2
妊娠すると「順調?」とかよく聞かれるのだけど、コレ、返答に困る。
まあ最近は適当にうなずいているけど。
一時期は自分も気が立っていて「腹の中で起こってることは私にもわからないよ」とかイヤなかんじの返答をしていたな。


妊娠して妊婦さんや経産婦さんと話すと、大概、順調だけで妊娠が終わる人っていない。
赤ちゃんが大きかったり小さかったり。
逆子だったり。
食事制限で注意されて入院一歩手前になったりとか。
切迫とか……。
あとはお腹の子の先天的な異常……。
小さいトラブルや心配は大概あるし、実は結構な悩みを抱えてる人も少なくない。
大して仲良くもない人に「順調?」とか聞かれて事細かに答えるのもどうかと思うし。
例えお医者さんから問題ないって言われても、お腹の中では何が起きてるかわかんないし。
聞いてる人はまさか妊婦さんやお腹の子の不幸をねがってはないだろうし、順調だと疑い無く聞いてるんだろうけど、小さなことを言ったらキリがないし、どこまで話したらよいのやら。
そしてその悩みの程度だって、聞いてる方はちっぽけな悩みに聞こえるかもだけど、妊婦にとってはものすごく大きな悩みだったりして。
何事も適当に返事しておけば問題ないんだろうけどね。
なんかいちいち気になってしまうよ。


またねちねちと書いてしまった。
まあいつからかここはそういうブログですし。
妊娠中の思いを忘れずに書いとくのは悪いことじゃないかもってことにさせてもらいます……。
妊婦生活・改 09:41 comments(0)
便利な時代
知らないところに行ったり、歩いたりするのはどうやら好きらしい。
今日の夕方は久々に涼しかったので、電車で二駅ほどの距離を歩いてみた。


知らない道を歩くと、突然現れるかわいいお店や変わったおうちなんかが見れてうれしくなる。
私の住んでるところはわりと最近開発されたところみたいなのでとくに目新しいものもないけれど、古くからあるおうちが沢山あるところなんかは井戸だったり、昔の名残っぽい掘みたいのがあったりしておもしろかったり。


でもこういう歩いたりするのって、携帯の地図機能が使えるから出来るんだよね。
私、方向オンチだし………。
道に迷ったりすると私はきっと「あ〜どうしよどうしよ」とかなって胎教にはかなり悪そう。


こんなことを考えてると、昔、高校生くらいの時に母と隣町まで自転車で行った帰り道のことを思い出す。
方向オンチ親子の私たちはまんまと道に迷って、おかしなところにたどりついてしまった。
「あっちかな」「こっちかな」とかいいあいながら、さぐりさぐりあやしい道をめぐって、なんとか分かる道に出た。
私は道に迷ってる間、内心「もしもこのまま家に帰れなかったら……」とか大袈裟に考えて気が気ではなかったんだけど、分かる道に出た途端、母は「楽しかったわね〜」などと言っていた……。
私はハラハラしてたのに、自分の親は楽しんでいたのか………と思うと、返す言葉がなかった(笑)
そういうのを純粋に楽しめる人もいるんだな。


もし、携帯の地図が使えない頃の出産なら、私はきっと知らないところを歩いたりとかできなかったんだろうな。
この時代だから出来ることとかいっぱいあると思うけど、自分の子供たちが出産とかするころには今の妊婦の生活や出産でも「そんなことしてたの!」とか思われることもいっぱいあるんだろうね。
妊婦生活・改 20:01 comments(0)
ああ後期………
キケンなことに最近、夜元気。
昼間は暑くてグッタリなんですもん。
よくない傾向………。



やばい。
何がって体重が………。



まあ確かに最近、甘かった。
妊娠初期から食事をノートに書いていたのだけど、あまり身になってない気がして時間のムダだと思いやめた。
おなかが空いてなくても先日、間食用に作ったクッキーが甘さ控えめでおいしくてパクパク。
砂糖は少なくても小麦粉食べると太るよね………。
一時のミスドブームはちょっと落ち着いているけど、そいでも間食は断ってないし。


本当に妊娠後期ってカンタンに太るなぁ。
最近、暑くてあんまり散歩もマタニティビクスも出来てないし。
水分もとっているようで、汗で出ているだろうから、便通も悪いわけだ。
(シモでごめんなさい。)
下剤(カマ)を生まれてはじめて試したけど、予想通り私には合わず……。
(なぜか脂汗がハンパなく出る汗
前に使っていた整腸剤を今、ちょっとずつ飲んでる。


また食事ノートを再開しようかな。
そして極力間食も減らう。
(あくまで極力ですが)
運動は……どうしようか悩み中。
元気な赤ちゃんのために気を引き締めなければね。
妊婦生活・改 00:32 comments(0)
名前本
最近、赤ちゃんの名前を考えようとして、名付け本今おうちに3冊用意した。


2冊は図書館で借りたの。
1冊は旦那が買ってきたの。


本によって載ってる名前がやっぱり違うなぁ。
図書館で借りてきた本は一冊はすごく現代っ子みたいな名前がいっぱい載ってて、もう一冊は古めの本のせいか名前が古風。
個人的には古風な方がみていて落ち着くけどさ。


でも名前ってむずかしいね。
なんだかんだで一番夫婦が揉めて、悩んで、結局ギリギリまで決まらなかったりするみたいだし。
でも赤ちゃんには一生のもの。
自分の「もの」ではないし、悩むなぁ……。


結局、名前の候補が全く上がらぬまま、ペラペラと本をめくる日々なのでした………。
妊婦生活・改 20:41 comments(0)
ちょっと悩む
最近、知人から「臨月だもんね」ってよく言われる。
すでに五人くらい言われた。
まだまだ臨月じゃないんだけどな。
まだまだちいさな子だし、生まれちゃ困るのだ。


出産予定はまだ先だし、まだ臨月じゃないよ、と一応はいうけど、それって言ってる本人が臨月って意味をわかってないだけなのか……。
わざわざ訂正するのもどうなんだろうと思ってしまう。
言ってる人って大概仲のよい友達とかでもないし、いつ生まれても関係ないだろうし。


あまり立て続けに言われたものだから、なんだかねちねちとしてしまった。
失礼っ。
妊婦生活・改 18:19 comments(0)
1/6 >>
ただのつれづれ日記です。
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
不細工な友情
不細工な友情 (JUGEMレビュー »)
光浦 靖子,大久保 佳代子
Favorite
笛社会
笛社会 (JUGEMレビュー »)
栗コーダーカルテット
Favorite
Other